アグネス・チャン、右眼が硝子体剥離に「治るものではないので…」

[ 2015年6月23日 16:50 ]

アグネス・チャン

 歌手のアグネスチャン(59)が23日、自身のブログを更新。眼科を受診し、右眼の硝子体剥離と診断されたことを明かした。

 アグネスはこの日午後、まずは「目がちょっと調子悪いので、眼科の先生に診てもらうことになりました。これから病院へ」とブログを更新。続けて更新したブログで「目の検査で、薬を入れて、瞳孔が開くのを待っています」とつづると、3回目に更新したブログで硝子体剥離と診断されたことを報告した。

 「目の調子が悪い理由が分かったです。右眼の硝子体剥離によるものです」というアグネス。医師からは「これは治るものではないので、気にしないのが一番」と言われたそうで、「気をつけないといけないのは網膜剥離にならない事です。来月もう一度検査に行きます」とし、「これより悪くならない事を祈りましょう!」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月23日のニュース