向山志穂 夫・市原隼人の言葉に発奮!産後半年で15キロダイエット

[ 2015年6月23日 13:34 ]

「天使の美活セット」の発表イベントに出席した向山志穂(左)と熊田曜子

 モデルの向山志穂(29)とタレントの熊田曜子(33)が23日、都内で行われた健康・美容食品「天使のパウダー」「天使のキレイ」をセットにした新商品「天使の美活セット」の発表イベントに出席した。

 向山は俳優の市原隼人(28)と結婚、昨年11月に長女を出産してから初の公の場。出産後はピーク時で体重が64・5キロまで増え、市原から「そのおなか、どうしたの?もう1人いるの?」と言われたという。

 妊娠中に買い置きしていた洋服が着られなくなり、一度は食事制限でダイエットに挑戦し10キロやせたが、「甘い物が欲しくなって、ネットでお菓子を大量購入して食べていたら10キロリバウンドした」と苦笑い。知人の紹介で同商品を試したところ、「1回飲んだだけで、顔も体もカサカサだったのに潤っていくのを実感した。どんどんやせてきれいになっていくのが自分でも分かって、楽しみながらできた」と効果はてきめんだった様子だ。

 結果、15キロ以上のダイエットに成功し現在は46・8キロとベスト体重に復帰。ウエストはむしろ妊娠前より細くなったそうで、ビキニ姿も披露し夏からモデルに復帰することも宣言。「以前は外に行くのも憂うつだったけれど、今は皆にきれいなったことをアピールしたい。休みの日は3人でしょっちゅう出かけるし、娘が歩けるようになったらいつかはウエディングドレスを着たい」と夢をはせていた。

 一方の熊田も、4月に第2子の妊娠を発表してから公の場は初めて。発表当時はブログで腹筋の割れた美ボディーを披露していたが、現在6カ月でおなかも目立つようになり、「毎日ポコポコ胎動を感じるので、元気だと分かってうれしい」と幸せに満ちた表情を見せた。

 10月半ばに出産予定で、「主人は男の子がいいと言っているけれど、私は元気であればどちらでもいい」と笑顔。そして、「もう第3子がほしくなっています。授かれるだけ授かりたいんです」と意欲を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月23日のニュース