ソフトバンク交流戦V逸 痛すぎた初回満塁弾被弾…「初回がすべて」「悔しい」の一方で「貯金22」の声

[ 2024年6月16日 17:33 ]

交流戦   ソフトバンク1-4阪神 ( 2024年6月16日    みずほペイペイ )

<ソ・神>初回1死満塁、前川(右)に先制の満塁弾を浴びた石川(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは16日、交流戦最終戦で阪神に1-4で敗れた。同率首位だった楽天が広島に勝ったため、19年以来となる9度目の優勝を逃した。交流戦12勝6敗、勝率・667とした。

 優勝争いは12勝5敗で並んだ楽天、ソフトバンクの一騎打ち。勝率が並んだ場合はTQB(得失点率差)で決着するため、試合の戦況に注目が集まった。

 午後1時開始の楽天-広島戦(楽天モバイル)。2回に広島のミスが重なり3点を先制。3回には4番・鈴木大の全12球団制覇弾となる1号2ランが飛び出した。

 対するソフトバンクー阪神戦(みずほペイペイ)は午後2時開始。楽天が5-0とリードする状況下、ソフトバンク先発・石川が初回、阪神・前川にグランドスラムを浴びて、4点を失った。

 7回に近藤の10号ソロで1点を返した。楽天が8、9回に失点。5-3で勝利を収めた。ソフトバンクが9回に逆転勝利すれば、楽天のTQBを上回る計算だったが、追加点を奪うことができず、1-4で敗れた。

 ソフトバンクファンからはV逸に「初回がすべて」「非常に悔しい」など残念がる声が上がり、「楽天が強かった」「楽天おめでとう」と優勝した楽天を称える声が寄せられた。「12勝6敗、貯金6」「貯金22だから」「リーグ優勝、日本一は必ず」など切り替えるコメントも多かった。また、阪神ファンの“あと1人コール”について「怖かった」などの声も見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース