大谷翔平 第3打席まで無安打 試合前にリーグトップ走るブレーブス・オズナが3本差とする20号

[ 2024年6月16日 10:18 ]

インターリーグ   ドジャース―ロイヤルズ ( 2024年6月15日    ロサンゼルス )

5回、一ゴロに倒れてベンチ内で悔しがるドジャース・大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が15日(日本時間16日)、本拠でのロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。今季ア・リーグトップタイ9勝を挙げ、昨年は3打数無安打に抑えられたセス・ルーゴ投手(34)から第3打席までいずれも内野へのゴロに打ち取られた。

 初回は先頭のベッツが内野安打で出塁。大谷は初球の外角直球を狙ったが、打球速度104マイル(約167.3キロ)と捉えた当たりも打球は上がらず、二塁手正面で併殺に倒れた。3回2死走者なしで迎えた第2打席も1ボールから2球目のカーブを打ち損じて二ゴロに倒れた。

 味方が4回にラックスの適時打などで2点を奪って勝ち越し。2―1として迎えた5回1死走者なしの大谷の第3打席はフルカウントまで持ち込んだが、最後は甘い速球を打ち損じて一ゴロに倒れた。

 大谷と本塁打王を争うオズナはこの日のレイズ戦で2戦連発の20号を放ち、3本差をつけた。本塁打以外にも2安打を放ち、3安打を放った。打率.327は両リーグトップで、さらに打点62もリーグトップで3冠王に向けて順調に数字を積み上げている。OPS1.021、長打率.622もいずれも2位につけるドジャース・大谷翔平のOPS.956、長打率.577(大谷は14日終了時点)に差をつけてナ・リーグトップに立っている。

 大谷は5月16日にけん制球を左太腿裏に受けて打撲してから、状態はなかなか上向かなかった。それでも前カードのレンジャーズ戦で2試合連続本塁打を放つと、14日のロイヤルズ戦では8試合ぶり、今季25度目のマルチ安打をマーク。マルチ安打は自己最多の年間57度ペースで、バットは確実に勢いを増しつつある。

 大谷は左太腿裏を打撲して以降、盗塁のペースは落ちていたが、今月11日のレンジャーズ戦の四球で出塁した初回に今季15個目の盗塁となる二盗に成功。これでメジャー通算101盗塁とし、日本選手歴代2位の松井稼頭央にあと1に迫っている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース