巨人・坂本勇人 25日ぶり今季6本目の二塁打放ち、通算451二塁打に 歴代最多まで「あと36」

[ 2024年6月16日 16:12 ]

交流戦   巨人―日本ハム ( 2024年6月16日    エスコンF )

<日・巨(3)>7回、二塁打を放つ坂本(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(35)が16日の日本ハム戦(エスコンF)で7回に今季6本目となる二塁打を放ち、自身の持つ現役最多でNPB歴代2位の通算二塁打数を451とした。

 2試合連続でDH起用されていたが、この日は「7番・三塁」に入って先発出場。

 2―3で迎えた7回だった。

 1死一塁で入った第3打席。相手先発左腕・加藤貴が1ボールから投じた2球目、高めのカットボールを左翼線へ弾き返して二、三塁とチャンスを広げた。

 坂本にはここで代走・増田大が出されて交代。なお、代打・大城卓と泉口が連続で遊ゴロに倒れて無得点に終わり、同点はならなかった。

 坂本は5月22日の中日戦(東京D)で3回に今季5本目となる二塁打を放ち、立浪和義(中日)以来史上2人目の通算450二塁打を達成。この日はそれ以来25日ぶりの二塁打だった。

 【NPB通算二塁打10傑】
1位 立浪 和義(中日) 487
2位 坂本 勇人(巨人) 451
3位 福本 豊(阪急) 449
4位 山内 一弘(広島) 448
5位 金本 知憲(阪神) 440
6位 稲葉 篤紀(日本ハム) 429
7位 王  貞治(巨人) 422
8位 張本  勲(ロッテ) 420
9位 長嶋 茂雄(巨人) 418
10位 松井 稼頭央(西武) 411
※所属は最終、現役は坂本のみ

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース