阪神・鈴木が四国徳島との交流試合に先発「ストライク先行で自分のテンポでしっかり…」

[ 2024年6月16日 05:15 ]

阪神・鈴木

 阪神・鈴木勇斗投手(24)が、16日の四国徳島との交流試合(むつみ)に先発する。

 「1人ずつのバッターにしっかり抑えていくという気持ちで投げていきたい。ストライク先行で自分のテンポでしっかり投げていきたい」

 ここまでウエスタン・リーグでは10試合に登板し0勝2敗、防御率2・81。前回登板の5日広島戦(由宇)では4番手で登板し、1回を投げて無失点だった。

 普段対戦しない相手というところもあり「追い込んでまだボールが投げられるカウントなら試したいボールは練習できる」とこの機会を有意義な時間にさせ、「そのためにはストライク先行で投げていかないといけない」と改めてテーマを強調した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース