中日 今季ワースト3失策で交流戦負け越し決定 立浪監督「これだけミスが出たら当然」

[ 2024年6月16日 07:00 ]

交流戦   中日0ー10ロッテ ( 2024年6月15日    ZOZOマリン )

<ロ・中>5回、投手交代を告げた中日・立浪監督(右)に大塚コーチへ投げ渡されたボールが当たりそうになる(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 中日は今季ワーストの1試合3失策と1野選で2桁10失点を招き、3年連続で交流戦の負け越しが決まった。3回無死一、三塁で投前のゴロを処理したメヒアの三塁送球が逸れ、三塁走者が生還。5回は藤岡の2ランなどで3点を失い、2死一塁で角中のゴロを三塁手・高橋周が後逸。その後2死満塁で高部に左2点打され、のみ込まれた。今季11度目の零敗を喫し、立浪監督は「これだけミスが出たら当然。切り替えて、明日、交流戦最後ですし、取れるように」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース