レッドソックス・吉田正尚、復帰後初の長打 激走で貴重な追加点 ヤンキースのジャッジに一発は出ず

[ 2024年6月16日 12:01 ]

ア・リーグ   レッドソックス 8-4 ヤンキース ( 2024年6月15日    ボストン )

<レッドソックス・ヤンキース>7回、ホームに滑り込む吉田正尚(AP)
Photo By AP

 レッドソックスの吉田正尚外野手(30)が15日(日本時間16日)、本拠でのヤンキース戦に「6番・DH」で先発出場。4打数1安打で、チームも8-4で勝った。

 第3打席までは左飛、中直、投ゴロ。5-3で迎えた7回2死走者なしの第4打席で2球目のチェンジアップを叩き、ワンバウンドで右中間スタンドに入るエンタイトル二塁打を放った。左手親指付け根の痛みによる負傷者リスト(IL)から復帰後、4試合目で初の長打をマークした。

 次打者の代打エマニュエル・バルデスの中前打では果敢にホームを狙った。返球を受けた捕手のタッチをかわすように右足から滑り込むと、判定はセーフ。ヤンキースからのチャレンジでも判定は覆らず、貴重な追加点となった。

 今季25本塁打を放っているヤンキースのアーロン・ジャッジは4打数1安打1四球。4試合連続で本塁打が出なかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月16日のニュース