巨人・岡本和 起死回生同点9号 44打席ぶり一発に阿部監督「スッキリした一発になったんじゃないか」

[ 2024年5月27日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―1阪神 ( 2024年5月26日    甲子園 )

<神・巨>9回、岡本和は同点の本塁打を放つ(撮影・須田 麻祐子)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和が起死回生の同点アーチを放った。

 0―1の9回1死、ゲラの157キロ直球を左中間へ9号ソロ。12日のヤクルト戦以来10試合、44打席ぶりの一発に「チャンスで打ててなかったので、打てて良かった」と振り返った。

 4回にも左前打を放ちマルチ安打をマーク。阿部監督も「苦しんでもがいていたのは見ていたので、スッキリした一発になったんじゃないか」と復調を期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月27日のニュース