ヤクルト・松本健がプロ初黒星 2回1/3を4失点「コントロール良くなかった」 15日に初登板完封も

[ 2024年5月27日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―5中日 ( 2024年5月26日    バンテリンD )

<中・ヤ>3回途中4失点でKOとなり、汗を拭う松本健(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発のドラフト2位右腕・松本健がプロ初黒星を喫した。

 立ち上がりから制球が安定せず、初回は先頭への四球から2失点。3回は4長短打を浴び、2回1/3を6安打4失点でKOされた。デビュー戦だった15日の広島戦は完封でプロ初勝利も、洗礼を浴び「シンプルにコントロールが良くなかった」と反省した。

 打線も今季最少タイの3安打で無得点と沈黙し、2試合連続の零敗。借金8の最下位で交流戦に突入することになった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月27日のニュース