×

巨人・原監督、自力V消滅も「なくなったって、どういう意味?」 平内は「まあ、勉強よ。うん。勉強」

[ 2022年6月26日 17:35 ]

セ・リーグ   巨人10―11ヤクルト ( 2022年6月26日    神宮 )

<ヤ・巨>ヤクルトに敗れて球場を後にする原監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人はヤクルトとの壮絶な打ち合いに10―11で敗れ、開幕76試合目にして自力Vの可能性がついに消滅した。6月26日の自力V消滅は2003年の6月27日(71試合目)を1日上回り、球団史上最速となった。

 初回に3点、3回に2点を取って5―1とリードしながら、今季初の中4日で先発したチーム勝ち頭(7勝)の戸郷が今季最短となる3回途中6失点(自責5)KO。2点を追う6回には代打・中田の7号ソロと丸の2戦連発となる15号ソロで7―7の同点とし、7回には代打・中島の適時打でついに8―7と勝ち越し。だが、その裏に高梨、赤星の継投で8―8の同点とされると、8回には平内が四球と自らのバント処理悪送球でピンチを招き、相手主砲・村上に痛恨の決勝26号3ランを被弾した。9回には代打・重信が左中間へ2点適時二塁打を放って1点差に迫ったが、及ばなかった。

 試合後、巨人の原辰徳監督(63)との一問一答は以下のとおり。

 ――互角の展開だった

 「まあ、そうね。ちょっと、やっぱり、3回の6点は大きかったね。うん。ちょっとやっぱり、もうちょっと粘って欲しかったね、戸郷にはね。中4日とはいえね。まあ、でも粘り強く戦ったというところはね。まあ、いいでしょう」

 ――中継ぎもしっかり投げながら打線が打っていった

 「そうですね。そうですね。平内は、まあ、勉強よ。うん。勉強」

 ――9回もあと一歩

 「そうですね」

 ――打線の兆しは見えてきている

 「うんうん。さっき言った通りだね」

 ――数字上では自力優勝がなくなった

 「なくなったって、どういう意味?あ~、そういう意味。それは、どうぞ(両手のひらを上にして囲んでいる記者をさす)。我々はそういうことはね。まあ、やっぱり、ベストを尽くすだけだからね」

 ――日々、一戦一戦戦うということ

 「そういうことですね」

 ――来月もヤクルト戦が入ってくる。ポイントになるか

 「来月のヤクルト?ああ、あるねえ。いやいやいや、まあまあ、もちろん、そうでしょうね」

 ――打線もそうですが、投手陣もしっかり整備してここからか

 「いやあ、まあね、やっぱり、防げる点は、あると思いますよ。うん」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月26日のニュース