×

鷺宮製作所が意地見せた!激闘タイブレーク制して初勝利締め

[ 2022年3月9日 05:30 ]

第76回JABA東京スポニチ大会第3日Aブロック   鷺宮製作所8-3東芝 ( 2022年3月8日    大田 )

<鷺宮製作所・東芝>最終回を抑え、笑顔の鷺宮製作所・中島(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 鷺宮製作所は既に敗退が決まって臨んだ一戦だったが、今大会初の延長タイブレークを制して初勝利を挙げた。

 2―2で9回を終え、延長10回からは無死一、二塁で前の回からの継続打順で実施。3―3で迎えた11回、一挙5得点を挙げて試合を決めた。

 3時間53分の激闘をものにした岡崎淳二監督は「苦しい試合だったが、勝ち切れたということが良かった」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年3月9日のニュース