×

西濃運輸 1安打零敗で決勝T逃す 指揮官「サインを出す機会もなかった」

[ 2022年3月9日 05:30 ]

第76回JABA東京スポニチ大会第3日Dブロック   西濃運輸0-2日立製作所 ( 2022年3月8日    神宮 )

<西濃運輸・日立製作所>試合後、スタンドに向かってあいさつする西濃運輸ナイン(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 西濃運輸は勝てば決勝トーナメント進出の可能性もあったが、打線が1安打。佐伯尚治監督は「サインを出す機会もなかったね」と完敗を認めた。

 一方で2番手の左腕・池田が3回を無安打無失点、1点を奪われたが3番手の右腕・石田が1回を投げ、両ルーキーが経験を積んだ。指揮官は「池田はよく投げてくれたし使えるね」と収穫を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年3月9日のニュース