×

ホッ… 広島ドラ6・末包に17打席ぶり快音 秋山から右翼線二塁打放つ

[ 2022年3月9日 14:05 ]

オープン戦   広島―阪神 ( 2022年3月9日    甲子園 )

<神・広>4回1死、末包は右翼線二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト6位・末包昇大外野手(25=大阪ガス)が17打席ぶりの安打を放った。

 試合前までオープン戦15打席連続無安打。初回1死一塁では秋山のカーブを右中間に運ぶも中堅・近本の好守に阻まれて中飛。続く4回1死無走者でカウント1―1からの外角直球を右翼線に弾き返す二塁打として、久々の快音が生まれた。

 佐々岡監督は前日8日の同戦後に「期待している。大砲として育てないといけないところもある」と言及。不振でも4番起用を続けた首脳陣の期待に応えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年3月9日のニュース