×

【沢村賞選考】堀内委員長「比べようがないくらい突出」 議論の余地なし山本由伸全会一致での選出

[ 2021年11月22日 17:00 ]

<山本由伸・沢村賞受賞>沢村賞の受賞が決まり笑顔の山本
Photo By 代表撮影

 沢村栄治氏を記念し、最も優れた先発完投型の本格派投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が22日、都内で開かれ、オリックスの山本由伸投手(23)が初受賞した。

 沢村賞の選考基準は7つ。(1)15勝以上、(2)150奪三振以上、(3)10完投以上、(4)防御率2・50以下、(5)200投球回以上、(6)25登板以上、(7)勝率6割以上。その中で山本は26試合に登板し、18勝5敗、防御率1・39で、勝率.783、206奪三振と5項目でクリア。完投数6、投球回193回2/3は基準に及ばなかったが、全会一致での選出となった。

 山本は今季、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率などパ・リーグの投手タイトルを独占。選考委員長である元巨人監督の堀内恒夫氏は「全会一致。数字を見ると他の投手とは比べようがないくらい突出している。それが全会一致の理由」と説明した。平松政次委員も「5項目の条件をクリアした投手はオリックスの山本。ドラゴンズの柳が4つ、そして阪神の青柳が3つ、(楽天の)則本が2つ。そういったところで候補を比べると、山本の数字がもう圧倒的、他を圧倒している」と補足した。

 山田久志委員は「まさに今年の選考に関しては対抗馬がいないと。今年春先に由伸と会った時に『沢村賞をもらえるようなそんな成績を収めて、狙っていけよ』と、そういうハッパをかけたのが現実になって非常にうれしい」と話した。

【沢村賞選考委員】◎は委員長、敬称略
◎堀内 恒夫、平松政次、村田兆治、北別府学、山田久志
※北別府氏は欠席。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月22日のニュース