×

オリックス・杉本 第1戦無安打をきっちり一日で修正しマルチ 次は東京Dで看板直撃弾の再現だ

[ 2021年11月22日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第2戦   オリックス0-2ヤクルト ( 2021年11月21日    京セラD )

<日本S オ・ヤ(2)>2回無死、シリーズ初安打を放ち、笑顔でポーズを決める杉本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックス4番の杉本が一日で修正した。2回先頭で高橋のチェンジアップを左前打。プロ6年目での自身シリーズ初安打に一塁塁上でピースサインを見せると、続く4回2死では再びチェンジアップをセンター方向に打ち返し二塁内野安打。唯一の複数安打で第3戦以降の爆発に向け、状態を上げた。

 「早く一本出したかったのでよかった。昨日(20日)は甘い球が来なかった。甘い球が来ればミスショットせずにと(思っていた)」

 第1戦は4打数無安打で3三振。責任を感じ、この日の試合前は室内でバットを振った。ミートに徹底する修正法は中嶋監督の助言で始めたもので、即座に結果を出した。

 第3~5戦の舞台である東京ドームは5月11日の日本ハム戦で看板直撃弾で100万円を獲得した球場。球宴、CSと今年は大舞台で一発を放っている。「短期決戦なのでダメでも次、取り返すチャンスがある」。9回に自らの失策で2点目を献上したことも発奮材料へと変える。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月22日のニュース