オリックス・吉田凌 魅せた好救援!2死一、三塁のピンチで山田斬り、リリーフ陣のキーマン的存在に

[ 2021年11月22日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第2戦   オリックス0-2ヤクルト ( 2021年11月21日    京セラD )

<日本S オ・ヤ(2)>8回、宮城のあとを受けたオリックス2番手・吉田凌(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田凌が好救援した。

 8回、宮城が1点を失った後の2死一、三塁で登板し山田に対し4球中3球を得意球であるスライダーで攻め、最後は空振り三振に仕留めた。

 「1点もあげられない場面だった。最悪、まだ一つ塁が空いてるけど(山田)哲人さんで何とか抑えきりたかった。2球目にシュートを厳しいところに投げられて3、4球目を振ってくれた」。

 第1戦も7回の1イニングを1安打2三振で無失点投球しており、リリーフ陣のキーマン的存在になりつつある。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月22日のニュース