広島・龍馬「僕がちゃんとしないとあかん」 誠也のメジャー挑戦で責任感 143試合出場に意欲

[ 2021年11月22日 05:30 ]

右打ちでトス打撃を行う西川(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 広島・西川が来季の全試合出場を誓った。今季は新型コロナ陽性者との接触で自宅待機しただけでなく、不振での欠場も経験し137試合に出場。来季はポスティングシステムで大リーグ移籍を目指す鈴木誠がいなくなる可能性もあり、同じ外野手として、さらなる責任感を口にした。

 「143試合出ますよ。誠也が(メジャーに)行くかもしれない。僕がちゃんとしないとあかん」

 今季は前半戦の不振が響き打率3割に届かない・286。「上半身と下半身がバラバラすぎた」。来年1月は、昨オフに参加を見送った日本ハム・近藤らとの合同練習に再び参加する予定で「近藤さんの(打撃)を見ながら、もう一回下半身をどっしりとさせて、上と下の使い方を(体に覚え込ませたい)」と巻き返しを期した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月22日のニュース