×

ヤクルト・西浦が攻守で躍動!チーム初安打&痛烈ゴロを滑りこみキャッチで併殺

[ 2021年11月22日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第2戦   ヤクルト2―0オリックス ( 2021年11月21日    京セラD )

<オ・ヤ>2回無死一塁、ラベロの打球を好捕し、バックトスで併殺とする西浦(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの西浦が攻守で躍動した。2回無死一塁での遊撃守備では、ラベロの二遊間の痛烈なゴロを滑り込んでキャッチし、すぐに二塁にトス。併殺を完成させた。

 バットでも6回1死、宮城から中前打。完全投球を演じていた左腕からチーム初安打を放った。さらに8回1死では四球で出塁。2死一、二塁から青木の中前打で決勝のホームを踏んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月22日のニュース