【沢村賞】選考委員から期待の声が挙がった投手とは 日本S好投の投手に今年不振だったあの投手も

[ 2021年11月22日 17:00 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 沢村栄治氏を記念し、最も優れた先発完投型の本格派投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が22日、都内で開かれ、オリックスの山本由伸投手(23)が初受賞した。

 沢村賞の選考基準は7つ。(1)15勝以上、(2)150奪三振以上、(3)10完投以上、(4)防御率2・50以下、(5)200投球回以上、(6)25登板以上、(7)勝率6割以上。その中で山本は26試合に登板し、18勝5敗、防御率1・39で、勝率.783、206奪三振と5項目でクリア。完投数6、投球回193回2/3は基準に及ばなかったが、全会一致での選出となった。

 選考委員からは山本以外の投手の成績に不満の声が挙がるとともに、期待する投手の名前も出た。山田久志選考委員は「(オリックスの)宮城が持っている一つの特長というのは非常に度胸がある。マウンド度胸に非常に優れたものがある。ペナントレースの投げ方を見てもやはり決して高校からの2年目の投手にはとても見えない。これはまた同じヤクルトの(日本シリーズの)開幕戦を任せられた奥川投手にも同じ事が言える。この2人のレベルはかなり高いところにあるんじゃないか」と言及。さらに、日本シリーズ第2戦で完封勝利をおさめた高橋奎二投手の名前を挙げ「こんなに凄い投手がいるのかと実際に驚いた。あの投げっぷりとあの生きの良さは最近の投手ではちょっと見かけないタイプ。あの全力投球をしながら完投能力があるという、これまた楽しみな投手が出現したなと」とし、山本も含め「この4人の投手はこれから非常にプロ野球界に新しい風を吹かしてくれるような、そういう存在になっていくだろうと期待はしている」と語った。

 堀内恒夫委員長は「特に私が期待していたのは宮城投手。彼はもっともっと大きくなる投手なので、来年以降を期待している。あと(中日の)柳投手もいい投手だが、もう少し頑張っていけば沢村賞に手が届くところまで来るんではないかなと思う」と話した。平松政次委員も「今年の日本シリーズで第1戦目がヤクルトの奥川、それから昨日はオリックスの宮城。この2人は来年、再来年、この沢村賞の候補にぜひ挙がってきてもらいたいし、それだけの力を持っている。毎年毎年努力をして成長してもらいたい。その他に大卒だが広島の森下」と期待の投手を挙げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月22日のニュース