×

槙原寛己氏 ヤクルトは1勝1敗で再び方程式使いやすい状況に マクガフにも汚名返上のチャンス

[ 2021年11月22日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第2戦   ヤクルト2―0オリックス ( 2021年11月21日    京セラD )

<オ・ヤ>完封勝利の高橋は笑顔を見せる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 【槙原寛己氏 シリーズ大分析3】オリックスが先手を取って迎えた日本シリーズ第2戦は、若き左腕同士の息詰まる投手戦となった。5回まで毎回走者を背負いながら先制を許さず、プロ初完封を果たしたヤクルト・高橋。オリックス・宮城は5回まで完全に抑えながら、8回に力尽きた。明暗を分けた要因を、本紙評論家の槙原寛己氏(58)が分析した。

 高橋の力投で1勝1敗。当たり前だが、ヤクルトにとって大きな1勝だ。第1戦では抑えのマクガフが炎上している。第2戦も落とし、2連敗となったら、東京ドームでの第3戦でマクガフを抑えにもう一度使えたかどうか。

 1勝1敗になったことで、リードした場面でいつもの勝利の方程式をもう一度試すことができる余裕ができた。絶対的な先発投手がいない第3戦から第5戦では、救援陣の力は不可欠。高津監督がやりくりする時間ができたことが大きい。

 救援陣という点ではオリックスも不安を抱えている。第1戦のヒギンスに続き、この試合でもバルガスが失点。抑えの平野はまだ登板していない。

 2試合を戦い、このシリーズは打ち合いというよりも1点の奪い合いとなる可能性が高い。どちらのチームが先にシリーズの勝ちパターンを確立できるか。それが日本一へ最大のポイントになる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月22日のニュース