中畑清氏 松坂大輔氏の考えにツッコミ 「それはいいピッチャーの考え方」

[ 2021年11月21日 19:05 ]

SMBC日本シリーズ2021第2戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月21日    京セラD )

中畑清氏
Photo By スポニチ

 DeNA初代監督の中畑清氏(スポニチ本紙評論家)が21日、日本シリーズ第2戦を中継するテレビ東京で解説者として出演した。

 オリックスの攻撃で3回無死一塁で打席には8番・伏見が送りバントの構えを見せた場面。実況の同局・植草朋樹アナウンサー(55)が「松坂さん、ピッチャーからすると、どうされるのが嫌ですか?」と質問した。

 ゲスト解説の今季限りで西武で現役を引退した松坂大輔投手(41)は「僕だったら、アウト一つもらえるのはラッキーだと思いますね。もちろん、バントの強さではダブルプレーを狙いに行きますけど、確実にアウト一つもらえるのはありがたいと思って投げますね」と明かした。

 これに中畑氏は「それはいいピッチャーの考え方じゃないですか」と突っ込んだ上で「やっぱりね、力のあるピッチャーだから言い切れる。やっぱりスコアリングポジションに行ったら嫌ですよ」とし「江川(卓)なんかも、そうやって言ってた。『一つのアウトをもらえた方が楽だ』と」と、一流の投手ならではの考えだとした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月21日のニュース