大谷翔平 「早過ぎる2022年受賞予想」でサイ・ヤング賞のダークホース的存在 MVPは最有力候補

[ 2021年11月21日 05:30 ]

今季、投手として9勝2敗の成績を残した大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷のア・リーグMVP受賞から一夜明け、スポーツ専門局ESPNは来季のサイ・ヤング賞候補で、大谷をダークホース的存在に挙げた。「早過ぎる2022年受賞予想」と題した特集記事を掲載。MVPでは最有力候補としている。投打で同時に大リーグ最高の栄誉に輝くのか、夢が膨らむ。

 サイ・ヤング賞はホワイトソックスの右腕ジオリトらを本命視した一方、大谷を「ひそかな候補」とし「投手だけでもトップ5に入る可能性がある」と評価した。

 今季は130回1/3を投げて9勝2敗、防御率3・18と右肘手術から完全復活。100マイル(約161キロ)超の速球、スプリット、スライダーと変化球も一級品。本人も「まだイニング数はそこまで多くないので、増やしていけたらもっと高いレベルで数字も残るんじゃないか」と成長の余地を自覚する。

 サイ・ヤング賞はチーム力に左右される勝利数より、奪三振率など個人の力を示す成績が重視される。ESPNは「この賞とエンゼルスの先発陣を押し上げることに狙いを定めれば、その意志だけで実現できるかもしれない」と可能性に言及した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月21日のニュース