斉藤和巳氏 日本プロ野球界でもったいない投手として挙げた選手とは?「毎年、物足りなさを感じてます」

[ 2021年11月16日 18:53 ]

ソフトバンクの元エースで野球解説者の斉藤和巳氏
Photo By スポニチ

 元ソフトバンクエースの斉藤和巳氏(43)が、13日に更新された元プロ野球選手の清原和博氏(54)のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」の動画で現在のプロ野球界でまだ伸びしろがあり、勿体ない投手としてソフトバンクの千賀滉大投手(28)の名前を挙げた。

 「斉藤和巳×清原和博」という対談動画の中で清原氏は斉藤氏へ「今セ・リーグ、パ・リーグで勿体ないな、もうちょっとやれるんじゃないかなと思うピッチャーは?」と聞き、「僕はホークス出身なので千賀ですね」と答えた斉藤氏。「毎年、物足りなさを感じてます。彼は13勝がマックスなので、あれだけのボールを投げてあれだけしか勝てないのかとは思いますね」と元ソフトバンクエースは現ソフトバンクエースへ厳しい意見を提言した。すると清原氏も「千賀投手は気が弱いのかな?」と指摘すると斉藤氏も同意。さらに斉藤氏は「メンタル的な弱さがピッチングの中で出てしまいます。それを物凄い速いボールや凄く落ちているボールで何とかなってしまっている」と千賀についてコメントをつづけた。

 動画では06年に斉藤氏が達成して以来となる史上8人目の投手5冠を達成したオリックスの山本由伸投手(23)についてや斉藤氏が背番号「66」にこだわった理由などが語られている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月16日のニュース