新庄ビッグボス「この手からどれだけの子が羽ばたいていってくれるのか」

[ 2021年11月16日 18:06 ]

稲葉GM(左)と新庄監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)が16日、自身のインスタグラムを更新。秋季キャンプ視察時に撮ったと思われる蝶とたわむれる写真とともに「この手からどれだけの子が羽ばたいていってくれるのか楽しみで仕方ない」とつづった。

 この日、日本ハムが海外フリーエージェント(FA)資格を取得している西川遥輝外野手、国内FA資格を取得している秋吉亮投手、大田泰示外野手とFA資格について協議した結果、2022年度の契約を提示せず、野球協約第66条の保留手続きを行わないことになったと発表したこともあり注目を集めていたビッグボスのSNS更新。フォロワーからは「新庄チルドレン楽しみです」「右手から蝶々」「表現がかっこいい」「杉谷を羽ばたかせてください!」「たくさん羽ばたいて」「ゴッドハンド」といった期待を寄せるものから「タイミング…」「西川選手は絶対残してほしい」など衝撃の発表を受けての反応も見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月16日のニュース