阪神初の藤井康雄「1、2軍巡回コーチ」が入団会見 来春ギータ育ての親が佐藤輝も直接指導

[ 2021年11月16日 16:00 ]

就任会見で笑顔を見せる阪神藤井康雄1・2軍巡回打撃コーチ(代表撮影)=2021年11月16日、甲子園球場
Photo By 代表撮影

 阪神は16日、藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)の入団を発表した。背番号は81。年俸は1800万円(推定)。阪神では初めての巡回打撃コーチとして1、2軍を通して、指導をすることが決まり、秋季練習でも指導を開始する予定。また来春のキャンプでは安芸だけでなく、宜野座でも指導を行う予定。現役通算282本塁打の実績と、指導者としてオリックスのT―岡田、ソフトバンク・柳田を育てた手腕を、佐藤輝の打撃開眼に注ぐ。

 西宮市内で就任会見に臨んだ藤井コーチは球団では前例のない巡回コーチという肩書に「身に余る光栄です。持っているものを選手に伝えて、個の持っているいいものを100%出させる指導をしていきたい」と抱負を語った。

 阪神・嶌村球団本部長も「本籍としてはファームだが、1軍の指導もお願いした。住民票は1軍という形で指導していだだくこともある。キャンプでも宜野座で指導したり、シーズン中も1軍に行くことはある。若手を指導し、1軍の選手の調子も上げてもらいたい」と期待を寄せた。

 後半に大失速した佐藤輝の2年目に向け、球団も藤井巡回打撃コーチの指導力にかけた形。藤井コーチは「外から見ていても、佐藤はすごい選手。柳田タイプだし、飛距離も大谷翔平クラス。その力を来年、年間通して出せるようにしていきたい。こうしたらいいというのも持っている。能力はあるんだから、それを戻してあげるだけ」と秋季練習での佐藤輝への初指導を楽しみにしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月16日のニュース