「俺を甲子園に連れてけよ!」 西条農・三浦監督が絶叫指揮 県内無敗の広島新庄にサヨナラ負けの激闘

[ 2021年7月30日 21:23 ]

全国高校野球選手権広島大会準決勝   広島新庄8-7西条農 ( 2021年7月30日    しまなみ球場 )

<西条農―広島新庄>三浦謙二郎監督を中心に円陣を組む西条農ナイン(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

  西条農は、新チーム結成から県内無敗を誇る広島新庄を相手に最大5点優勢とするも、サヨナラ負けで敗退した。

 
 7―4の8回、同点追いつかれたところでエース・沖田が2番手として登板。同点の延長12回にサヨナラ打を浴びるまで我慢強く好救援を見せた。
 
三浦謙二郎監督は、延長戦に入った攻撃前の円陣で「俺を甲子園に連れてけよ!」と声を張り上げた。同監督は、円陣でナインと一緒に肩を組むなどして一丸となって戦った。

 最後は相手の猛攻に力尽きたものの、同監督は「前に出ながらの失策などは仕方ない。(広島新庄は)さすがだった。そういうチームといい試合をさせてもらえた。いい経験になりました」と相手を称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース