五輪野球 ドミニカ共和国が1―0でメキシコに勝利 初戦は侍ジャパンに逆転サヨナラ負け

[ 2021年7月30日 14:57 ]

東京五輪 野球1次リーグA組   ドミニカ共和国1―0メキシコ ( 2021年7月30日    横浜 )

メキシコに勝利しハイタッチを交わすドミニカ共和国ナイン(AP)
Photo By AP

 28日の初戦で日本に逆転サヨナラ負けしたドミニカ共和国が接戦を制した。

 0―0の5回、2死三塁でカブレラが先制の左前打。この1点が決勝点となった。

 投げては先発・サンチェス(巨人)が5回2安打無失点の好投。5投手の完封リレーで1点を守り切った。

 ドミニカ共和国は1勝1敗。敗れたメキシコは、31日に侍ジャパンと対戦する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース