関東第一 盤石4戦連続コールド勝ちで9年連続4強入り

[ 2021年7月30日 05:30 ]

全国高校野球選手権東東京大会準々決勝   関東第一8―0芝 ( 2021年7月27日    江戸川区 )

<関東第一・芝>5回、代打・片山が中前適時打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 関東第一は5回に打者12人で一挙8得点を挙げるなど、4戦連続コールド勝ち。昨夏の独自大会を含め、9年連続で4強進出を果たした。

 5回無死一、三塁から代打・片山嘉月(3年)が先制中前適時打で火を付けた。なお1死一、二塁では、直前まで2三振だった4番・石見陸(3年)が右越え適時二塁打。「片山が結果を出してくれて勇気が出た。慢心せずに謙虚に戦う」と次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月30日のニュース