ロッテ育成2年目捕手の植田が“プロ初安打”「とにかく一本打ちたかった」

[ 2021年7月30日 05:00 ]

<神・ロ>8回無死左前打を放つ植田
Photo By スポニチ

 ロッテの育成2年目捕手の植田が1軍で「プロ初安打」をマークした。阪神とのエキシビションマッチ(甲子園)で7回守備からマスクをかぶり、打撃では8回に先頭で左前打を放った。

 捕手でも二盗を狙った長坂をタッチアウトにするなど横山、土居の2投手を無失点リード。「とにかく一本、ヒットを打ちたかった。(守備でも)2軍でやってきたことを出せました」と胸を張った。井口監督も「今捕手が少ないので、8月中に支配下登録になれるぐらいにやってほしい」と期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月30日のニュース