巨人・原監督 五輪指揮官から刺激 ソフトボール宇津木監督の采配には感銘

[ 2021年7月30日 05:30 ]

全体練習を指揮した巨人・原監督。後方は村田コーチ
Photo By スポニチ

 巨人の原監督が東京五輪の他競技の監督陣から受けた刺激を口にした。

 ソフトボールの宇津木監督には「全てが後手に回らず、早め早めの作戦だった。早め早めの用兵は勇気がいる」と感銘。自身も今季、球団史上最多の9人継投で勝利をもぎ取った。サッカー男子の森保監督には「地に足がついて、周りはとても彼を信頼している」と印象を語り、母校・東海大の教授で親交のある柔道男子の井上監督には「二重丸、三重丸」とエールを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース