阪神・小川 1軍初先発で5回無失点と好投 後半戦へアピール

[ 2021年7月30日 19:46 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神-西武 ( 2021年7月30日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・西(1)> 5回無失点の投球を見せた小川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の2年目・小川が1軍で初の先発マウンドに上がり、5回3安打無失点と好投した。

 
 初回は1死から森に右前打を打たれ、味方の失策などもあり、2死一、二塁のピンチを背負ったが、山川を遊邪飛に抑えて踏ん張った。2回も無失点に抑え、迎えた3回は1死から外崎に四球。森に右前打を打たれるなど、2死一、三塁と再びピンチが訪れたが、中村をカーブで中飛に仕留めた。4、5回は安打を許さず、危なげない投球でスコアボードに0を並べた。
 
 ウエスタン・リーグでは11試合に登板して1勝2敗、防御率4・50。後半戦に向けての戦力見極めで巡ってきたチャンスもしっかり結果を残した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月30日のニュース