甲子園歴史館 8・3から「高校野球特別展2021~甲子園歴史館の歩みと振り返る選手権大会~」を開催

[ 2021年7月30日 14:00 ]

甲子園歴史館のポスター
Photo By スポニチ

 甲子園歴史館では、8月3日から9月5日までの間、特別展「高校野球特別展2021~甲子園歴史館の歩みと振り返る選手権大会~」を開催する。

 今回の特別展は、2010年の選手権大会から2020年の甲子園交流試合の名勝負を振り返るとともに、過去11回開催した企画展で紹介した内容に加え、各テーマに沿ってその後新たに誕生した物語などを追加して紹介。履正社時代の山田哲人のユニホームや、金足農業時代の吉田輝星のグローブ、智弁学園時代の岡本和真のバットなども展示される。併せて、2022年3月のリニューアルオープンに向け一時休館する甲子園歴史館の、これまでの歩みを振り返る。

 更に、今夏行われる第103回全国高等学校野球選手権大会出場49校の紹介や、今大会の優勝校に贈られる、優勝旗・優勝盾・優勝メダルの展示も行われる。

 大会期間中(開会式当日~決勝戦当日)、高校生は学生証を提示すると通常600円の入館料が300円となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース