五輪野球 米国はDeNA・オースティンが2ラン含む3安打3打点 元オリックス・ディクソンも1回無失点

[ 2021年7月30日 22:00 ]

東京五輪 野球1次リーグB組   米国8―1イスラエル ( 2021年7月30日    横浜スタジアム )

3回に2ラン本塁打を放ったオースティン(AP)
Photo By AP

 08年北京五輪で銅メダルの米国が快勝発進した。

 11安打で8得点を奪った打線の中心で輝いたのが3番・オースティンだ。DeNAでも活躍する主砲は、3回に2ラン本塁打。7回にも適時二塁打を放つなど3安打3打点と大暴れした。

 投手陣は4投手のリレー。元オリックスのディクソンも2番手で登板し、1回無失点の好投だった。

 米国は31日に韓国と対戦。イスラエルは開幕2連敗となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース