阪神・島田、生き残りへ存在感アピール「差し込まれない準備して」1安打1打点&俊足も

[ 2021年7月30日 05:30 ]

プロ野球エキシビションマッチ   阪神6―4ロッテ ( 2021年7月29日    甲子園 )

<神・ロ>5回1死中前打を放つ島田(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神・島田が8番左翼で出場し、1安打1打点でアピールした。

 5回1死で佐々木千から中前打。「差し込まれない準備をした上で低く強い当たりを打とうと心がけた」。坂本の右中間二塁打では一気に生還し、俊足も見せた。前半戦は代走と守備出場の4試合のみ。「(必要なのは)出塁する力と盗塁する能力。強い当たりを打って間を抜いていく技術というのは絶対に必要になる」と生き残りを期した。

 ▼阪神・近本(決勝打を含む2安打2四球と1盗塁)しっかり打席の中で集中できていましたし、得点圏でランナーを還すバッティングができて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月30日のニュース