中日・高松 レギュラー奪取へ猛アピール! 与田監督「スタメンで使う機会が増えるようにしていきたい」

[ 2021年7月30日 05:30 ]

プロ野球エキシビションマッチ   中日2―1西武 ( 2021年7月29日    バンテリンD )

<中・西 エキシビジョン>6回2死二塁、福田の中前適時打で、本塁に滑り込み生還する高松(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・高松が1番二塁で先発し、内野安打2本と2盗塁で俊足ぶりを発揮した。一塁走者だった6回1死は井領の打席でディレードスチール。「2ストライクだったので、いい球が決まると捕手は審判に見せつけると思い、そこを狙ってスタートした」。好判断で好機を広げて生還した。

 前半戦は代走中心ながらチーム最多12盗塁。レギュラー奪取へバットを拳一つ分短く持つ新たな打撃スタイルに挑戦中で、与田監督も「スタメンで使う機会が増えるようにしていきたい」と成長に期待を寄せた。

 ▼中日・ロドリゲス(5回を2安打無失点)全体的にはスゴく感じよく投げることができた。(習得中のカーブは)公式戦で自信を持って投げられるようにしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月30日のニュース