大商大の1年生・薮井 2安打3打点の活躍で初戦突破 大阪桐蔭時代の昨夏の甲子園に続く全国舞台で大暴れ

[ 2021年6月8日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第1日 1回戦   大商大6-3東亜大 ( 2021年6月7日    東京ドーム )

<全日本大学野球選手権 大商大・東亜大>3回2死満塁、大商大・薮井が右前適時打を放つ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 開幕し1回戦7試合が行われた。大商大は大阪桐蔭の主将として昨夏の甲子園交流試合で活躍した1年生の薮井駿之裕(しゅんのすけ)内野手が2安打3打点と期待に応えるなどし東亜大を下した。

 昨夏の甲子園で見せた勝負強さに、さらに磨きがかかっていた。大商大の薮井が2安打3打点と大暴れした。

 「振り抜くというよりはミートして運んでいくという形の打撃でした。2回の第1打席で打てなかった分、いいところで打てたと思います」

 3回、3点を先行しなおも2死満塁で外角の真っすぐにうまく合わせた一打は右前ではずむ2点打。5回1死二、三塁では左翼へきっちりと犠飛を打ち上げて6点目を奪った。8回無死一塁では送りバントを内野安打にする俊足も披露。昨夏の甲子園交流試合・東海大相模戦で8回に決勝の2点打を放って以来となる「全国の舞台」で活躍をみせ「素直にすごくうれしかった」と相好を崩した。

 高校時代は控えに甘んじ2桁背番号だったが、入学後、富山陽一監督から与えられた背番号は「2」。今春リーグ戦では、いきなり二塁レギュラーの座をつかみ、当初はクリーンアップも務めた。「守備でも打撃以上のことができる」と指揮官の信頼度は高い。

 勝ち進めば、同じく大阪桐蔭で主将を務めた福井章吾のいる慶大と決勝を戦う可能性もある。「すごく尊敬する先輩の一人。対戦することがあれば全力で戦いたい」。怖いもの知らずの1年生は、初の日本一を懸けた頂上決戦を思い描いている。(北野 将市)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月8日のニュース