元・日本ハムの大引啓次氏、日体大野球部臨時コーチに就任 首都大学L連覇へ「お手伝いがしたい」

[ 2021年4月28日 06:30 ]

大引啓次氏
Photo By スポニチ

 日本ハムなどで内野手として活躍し、通算1004安打を放った大引啓次氏(36)が日体大硬式野球部の臨時コーチに就任したことが27日、分かった。

 同氏はアマチュア野球の指導者を目指し、同大学院でコーチング学を学びながら、首都大学リーグで連覇が懸かるチームを指導。「優勝に向けてのお手伝いがしたい。選手の良いところを伸ばすアドバイスができれば」と意気込みを語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月28日のニュース