「柳田2世」全快!!ソフト・ドラ2笹川逆方向に快音

[ 2021年4月28日 17:20 ]

3軍戦   火の国サラマンダーズ―ソフトバンク ( 2021年4月28日    タマスタ筑後 )

5回1死、左越え二塁打を放った笹川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・笹川吉康外野手(18=横浜商)が逆風を切り裂く左越え二塁打を放った。5回1死、外角の直球をフルスイング。打球は悠々と左翼の頭上を越えた。

 「満足のいくスイングだった。結果は気にせず思いっきり振っていく。それだけです」。

 身長1メートル93、体重は入寮時の85キロから95キロに増量し、パワーアップ。さらに、握力は左右ともに80キロを超え、背筋力は300キログラムを誇る。その規格外の体格から「ギータ2世」と命名を受けた18歳だ。

 師匠・柳田の代名詞「逆方向」への一打については「反対方向は課題。しっかり捉えたのに(スタンドに)入らなかった」と満足していない。森浩之3軍監督は「まずはフルスイングをすること。あれだけ振れることが魅力的。楽しみだね」と将来の大砲候補に期待を寄せた。

 背番号は柳田の入団時と同じ「44」。何かロマンを感じる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月28日のニュース