東大 47連敗に笠原主将「点差がついた時、どうやって1点ずつ詰めるかを追求したい」

[ 2020年8月19日 05:30 ]

東京六大学野球最終日   東大0―9早大 ( 2020年8月18日    神宮 )

 東大は投手陣が10四死球を与える乱調で早大に敗れ、17年秋から続く連敗は47に伸びた。

 10日の慶大戦では逆転サヨナラで敗れたが白星まであと一歩。主将の笠原は「やることをやれば接戦に持ち込めた。点差がついた時、どうやって1点ずつ詰めるかを追求したい」と話した。今季から指揮する井手峻監督は「投手陣を整備して秋に臨みたい」と1カ月後を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月19日のニュース