龍谷大平安・奥村 4の2で地区V貢献「最後にふさわしい打撃ができた」

[ 2020年7月31日 05:30 ]

京都大会Aブロック決勝   龍谷大平安7ー0京都成章 ( 2020年7月30日 )

<京都成章・龍谷大平安>優勝盾を受け取る奥村(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の龍谷大平安・奥村真大(3年)が、4打数2安打の活躍でチームをブロック優勝に導き、最後の公式戦を締めくくった。

 初回に右中間二塁打で好機を広げ、次打者の先制打を呼び込むと2―0の3回に左前打で追加点の起点となり「最後にふさわしい打撃ができた」と笑顔で話した。

 投げては3投手で京都成章打線を7回無安打無失点リレー。原田英彦監督は「ウチの野球を何とか最後にしてくれた。一番いいゲームだった」と何度も目頭を押さえた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月31日のニュース