巨人 井上真二氏、ファームディレクター起用の理由…選手の“伸びしろ”見極めへ

[ 2020年7月31日 18:09 ]

巨人の井上真二3軍監督(左)と二岡智宏3軍総合コーチ
Photo By スポニチ

 巨人は31日、8月1日付けで二岡智宏3軍総合コーチ(44)が3軍監督、井上真二3軍監督(54)が2、3軍全体を強化するファームディレクターに就任すると発表した。

 大塚淳弘球団副代表編成担当(60)は井上氏を空席だったファームディレクターに起用した理由を「ファームは育てることと、もう一つ大事なのは切ること。井上はスカウトや1軍や2軍のコーチ、3軍監督も経験しており、1番分かっている」と説明。井上氏は01年から長年、1、2軍でコーチを歴任し、19年から3軍監督に就任。スカウト経験もあり、選手の“伸びしろ”の見極めができると判断した。

 井上氏に代わって3軍監督に就任する二岡氏については「選手時代から厳しさもあって、若手を育てることに情熱もある。適任」と説明。二岡氏は13年の現役引退後、15年オフに2軍打撃コーチに就任し、17年から2年間1軍打撃コーチを務めた。岡本に寄り添う指導で、4番定着への道筋をつくった。厳しくも愛情のある若手の指導力には定評がある。BC富山で1年間監督を務め、今季から3軍総合コーチを務めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月31日のニュース