オリックス 4連敗でパ最速20敗…山崎福 今季ワースト3回1/3、7失点KO

[ 2020年7月31日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―7日本ハム ( 2020年7月30日    札幌D )

<日・オ>3回1死、大田に2点本塁打を打たれた山崎福(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは30日の日本ハム戦で今季2度目の4連敗を喫し、リーグ最速の20敗を喫した。山崎福が今季ワーストとなる3回1/3を7失点KOされ、西村監督は「もったいないですよね」と唇をかんだ。

 初回、山崎福は2死までこぎつけたが、大田から3連続タイムリーを浴び4失点。3回には大田に2ランを被弾し、主導権を手放した。指揮官は、「初回に4点で(3回に)2点と…。初回は何とか踏ん張ってもらわないと」と苦言。9回に、ジョーンズが金子から5号2ランを放ったが、序盤の大量ビハインドは重かった。
 借金は7に膨らみ、混戦模様のパ・リーグで脱落危機の正念場。西村監督は、「最後(の9回)に攻撃ができたというところで、明日に生かしていかないといけない」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年7月31日のニュース