阪神二遊間バトル激化!上本、北條、植田2安打で糸原、木浪に待った!

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   阪神10―0ヤクルト ( 2020年3月22日    神宮 )

<ヤ・神>8回1死、植田は右前打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神の二遊間バトルはまだまだ続く。糸原、木浪がやや有利と見られていた開幕スタメン争いに、上本が、北條が、植田が次々と待ったをかけた。この日先発起用された3人がそろって2安打。開幕日未定となり、簡単には序列を決めさせない決意をそれぞれが示した。

 「1番二塁」で先発した上本は、第1打席で右中間二塁打。5回の第3打席は左前に快打し「続けていけるように頑張ります」と表情を引き締めた。「2番遊撃」の北條は4回先頭で左前打すると、5回無死一、二塁で鮮やかなバスターエンドランを決め、左前適時打を記録した。

 「サイン通りしっかりできて、打点もついたので1番いい形になったかなと思う」

 「9番中堅」で先発し、途中から二塁に回った植田も負けてはいない。5回に中前打、8回に右前打と前日とは逆の左打席でマルチ安打。その前日の7回には中尾から人生初の満塁本塁打を放ち、課題とされた打撃で連日のアピール成功だ。試合後には思わぬサプライズが待っていた。

 記者の取材中に矢野監督がまさかの“乱入”。まずは「一発狙っていたんですか?」と問われ「狙ってないですけど…」と動揺。「初球からいきましたけど?」との質問に「積極的に、といつも言われているんで」と返すと「言われているから振ったんですか?」と畳みかけられ「いや、そういうわけでは…」とタジタジだった。

 “伏兵”たちの活躍は、指揮官にとってはもちろん嬉しい悩みの種。開幕延期となっても、若虎たちの競争のし烈さは変わらない。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース