阪神・藤浪「トリさん」と真剣勝負実現へ「やっぱり1軍にいないと」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

キャッチボールで調整する藤浪(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が22日、甲子園球場で行われた1軍残留練習に参加し、ロッテに移籍した鳥谷から間接的に送られたエールに呼応する形で決意を新たにした。「トリさん」との真剣勝負実現もモチベーションに、開幕先発ローテーション入りへ向けてアピールを続けていく。

 間接的に受け取った偉大な先輩からのエールが、競争の渦中にある藤浪の心に響いた。そして、奮い立った。

 「(コメントの内容から)気に掛けてくださっているなと思いますし、“頑張れ”と言ってもらっている気もするので、もちろん応えたいです。対戦させてもらえるように。やっぱり1軍にいないと対戦できないと思うので。しっかり1軍でやれるように、やっていきたいと思います」

 「トリさん」のエールに応える。21日、MBS「せやねん!」内で放送されたロッテ・鳥谷のインタビュー。阪神で対戦したい投手を問われた鳥谷の口からは、自身の名が挙げられた。そして「球界を背負うポテンシャルを持っている」などとエールとも取れる言葉も送られた。その映像を録画してチェックしたという藤浪は「ありがたいことです。タイガースの時から、よく話もしてもらいましたし、気にもかけていただいたので」とこうべを垂れた上で続けた。

 「そう(対戦してみたい)ですね。紅白戦とかの対戦があったかな、というくらいなので。1年目のシート打撃で投げたかどうかくらいじゃないですか。ちゃんとした対戦というのは、たぶん無かったと思います」

 目指すは、公式戦での真剣勝負。「(怖さは)やっぱり選球眼。特に自分はボール球を振らせて振らせてというタイプなので、苦手な部類になると思います。選球眼と、あとはゾーンに入ってきた球をしっかり逃さないところ。その辺じゃないですかね」と打者・鳥谷を分析もした。もちろん、舞台は1軍だ。

 その実現もモチベーションに変え、まずは開幕先発ローテーション入りを目指す。今年は、ここまで練習試合を含む6試合18投球回に登板し、防御率3・50。現状は一進一退の状況だ。とはいえ、まだ時間はある。し烈な競争を勝ち抜き、鳥谷と18・44メートルを隔てた再会を果たしてみせる。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース