日本ハム・近藤 横高の「特別な先輩」松坂からタイムリー

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   日本ハム6―9西武 ( 2020年3月22日    メットライフD )

<西・日>2回2死満塁、右前適時打を放つ近藤(投手・松坂)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本ハム・近藤が横浜高の先輩・松坂撃ちだ。初回は四球を選び、2回の対戦は2点差を追い付き、なお2死満塁の好機。OBの中でも「特別な先輩」という右腕の内角スライダーに反応して、一時勝ち越しの右前適時打を放ち「(対戦を)楽しめた」と笑顔で振り返った。

 18年球宴で当時中日の松坂と初対戦し、中前打。しかし、この日の3打席は「球宴はお祭りで、今日はまた違う感覚。どんな球を投げるかとか、シーズンで対戦することを考えていた」と開幕後を見据えて一球一球、球筋を見極めた。オープン戦は打率・229と苦しんだが、20日からの練習試合は2試合で計6打数2安打と復調気配。北海道の「安打製造機」は「いろいろ考えて我慢強くやっていきたい」と前を向いた。

 ▼日本ハム・長谷川(育成3位ルーキーで過去5試合無失点も初先発で1回2/37安打6失点)力負け。直球だけじゃ抑えられないことが分かった。いい経験になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース