楽天・則本 練習試合取りやめにも前向き「チャレンジする自分の時間ができる」

[ 2020年3月23日 19:32 ]

楽天・則本昂
Photo By スポニチ

 NPBが12球団代表者会議で4月24日のシーズン開幕を目指す方針を固め、パ・リーグは4月5日までの練習試合の中止を決定したことを受けて、楽天の三木肇監督と則本昂大選手会長が球団を通じてコメントを発表した。

 全文は以下の通り。

 ▼三木肇監督 今回もいろいろな中での判断だと思います。4月24日の開幕を目指すことが決まったということで、そこを目指してわれわれとしてはやれることをやっていくだけです。
 練習試合の取りやめに関しては、NPBの一員として理解を示し、協力していきたいと思います。
 チームが良い形で開幕を迎えられるよう、しっかりと調整、準備をしていきたいと思います。

 ▼則本昂大選手会長 仕方のない判断だと思います。4月24日の開幕を目指すということなので、それまでの時間をうまく使っていきたいです。
 練習試合がなくなった分、強化メニューに専念するなど、試したり、チャレンジしたりする自分の時間ができると思います。
 開幕した時に最高の状態に持っていけるよう、それまでにできることをしっかりやって、準備をしていきたいと思います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース