西武・鈴木 外野手争いに「目標高く持って」3連戦は4打数2安打1打点とアピール

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   西武9―6日本ハム ( 2020年3月22日    メットライフD )

7回1死一、三塁、鈴木の構え(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 外野手争いで1軍生き残りを懸ける西武4年目の鈴木は日本ハム戦の7回守備から途中出場。直後の7回の打席は四球だった。「開幕が延期になってチャンス。1軍定着を狙う立場かもしれないけど、開幕スタメンを狙う意識でいる。アピールする期間が増えたと思っている」と闘志を燃やす。

 今回3連戦は全て途中出場も4打数2安打1打点。「20日は(中前)タイムリーヒットも打ったし、目標を高く持っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース