DeNA・オースティン G戦もう3発!「感触良くない」も圧巻パワーで逆方向へ

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   DeNA1―8巨人 ( 2020年3月22日    東京D )

4回、右越えソロを放ったオースティンはナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 にぶい衝撃音が無観客の東京ドームに響いた。4回2死。DeNAの新助っ人・オースティンの打球は高々と右翼へ。「少しこすり気味。感触は良くなかった」と言いながら、打球はそのままスタンド最前列に舞い降りた。圧巻のパワー。オープン戦と合わせて5本目のアーチで、逆方向へは初の一発だった。

 米国時代は引っ張る打球が多いプルヒッターだったが「日本(の野球)にアジャストメントして逆方向の打球が増えてきた」。5本塁打のうち3本が巨人戦。昨季、巨人戦で球団新の13本塁打を放ったソトとともに「Gキラー」を襲名だ。

 当初予定された「開幕カード」で2連敗も、打線の鍵を握る助っ人は好調を維持。ラミレス監督は「練習試合だ。この結果は(シーズンに)全く影響はない」と意に介していなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース