ソフトB・栗原 連日のアピール!捕手、一塁、左翼でサバイバル

[ 2020年3月23日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク6―2ロッテ ( 2020年3月22日    ペイペイD )

<ソ・ロ>4回1死、右越え本塁打を放った栗原(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの栗原が連日のアピールだ。ロッテ戦に「6番・捕手」で先発出場し、4回1死から西野のカーブを右翼席へ運ぶと、5回にも左前打。「(本塁打は)変化球をあまり打っていなかったので打てたのは良かった」と話した。

 20日からの3連戦は「7番・一塁から左翼」で2安打、2戦目が代打でサヨナラ打、そしてこの日は「6番・捕手から左翼」で、7打数5安打。この日は捕手として2回に二塁盗塁を阻止するなど、攻守に躍動した。森ヘッドコーチは「(スタメンで)使いたくなるよな」と目を細めた。

 左膝を痛め2軍で調整中の内川が24日から1軍合流する。一塁での開幕スタメンも狙う6年目の栗原にとって、ここからが本当の勝負となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月23日のニュース